薬局

部門紹介

薬局の活動方針

  • チーム医療を支える担い手であり、薬の専門家として地域に根ざした薬剤師を目指します。
  • 病院薬剤師の役割として医師への処方支援、医薬品評価、副作用モニター活動に取り組みます。
  • 地域の患者さんたちにも医薬品情報の発信をすすめていきます。
  • 質の高い医療を目指して、安全で適切な薬物療法を提供します。
  • 地域包括ケアに力を入れていきます。

スタッフ紹介

薬局長 沢登 保子
薬剤師 9名

資格取得

日本薬剤師研修センター:認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター:認定実務実習指導薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター:小児薬物療法認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター:漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
日本静脈経腸栄養学会:栄養サポートチーム(NST)専門療法士 2名
日本病院薬剤師会:生涯研修認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会:感染制御認定薬剤師 1名

業務内容

  • 病棟業務
  • 注射剤混注業務
  • 感染回診
  • NSTカンファ
  • がん化学療法委員会
    症例カンファ
  • 学生実務実習 指導中

病棟業務

地域包括ケア病棟、呼吸器病棟、消化器内科外科病棟、循環器病棟、HCU

混注業務

抗癌剤、高カロリー輸液

DI業務

チーム医療

安全対策事務局、感染対策コアメンバー、NSTコアメンバー、化学療法委員会事務局、褥創対策メンバー

業務実績

2015年度実績

病棟薬剤業務実施加算 10528件/年
服薬指導件数 6091件/年
抗癌剤混注 372件/年
高カロリー輸液混注 307件/年

学術活動

2015年度 学会参加、講師派遣

7/26
長商連共済会定期総会 講師派遣「薬の基礎知識」
10/2~4
緩和ケア医療薬学会年会参加
12/6
民医連薬剤師委員会学術・研究発表会 3名ポスター発表
1/23
麻績班会「薬の基礎知識」講師派遣「薬の基礎知識」
2/19~20
環境感染学会参加
3/27~28
日本薬学会年会参加

雑誌投稿

長野県病薬誌 4月号No.55 血液がん
薬事新報第2886号 4/16

2016年度 学会発表

6/4~5
緩和医療薬学会 ポスター発表