歯科センターの特徴(歯科センター)

①松本協立病院との連携により、全身疾患を有する患者さんの治療も行なっています。

モニター

全身疾患を有する患者さんの場合、モニターによりバイタルサインを確認しながら、診療することもあります。

②デジタル映像を用いてわかりやすい治療説明を心がけています。

③地域密着を目指し、在宅歯科医療にも積極的に取り組んでいます。

④最新の滅菌システムを取り入れています。

サプライ

サプライでは診療に使った器具の滅菌、消毒を行なっています。ハンドピース、3WAYシリンジのチップも患者さん一人一人交換して滅菌しています。

⑤入れ歯をその場で修理します。

技工コーナー

技工コーナーでは入れ歯や差し歯などを作るために採った型に石膏を注いだり、入れ歯の修理を行なっています。

⑥被爆線量の少ないレントゲン撮影を行なっています。

レントゲン室

従来よりも放射線の被爆線量の少ないデジタルレントゲンを採用しています。現像などの手間が要らず、撮影後すぐに診療椅子脇のモニターで画像を見ることができます。

⑦歯科治療に恐怖心を抱く方には、笑気麻酔を用いることもあります。

笑気麻酔

歯科治療に恐怖や不安を抱く方には、笑気麻酔を用いてリラックスした状態で治療することもできます。