健康手帳(歯科センター) - 歯のホワイトニング(漂白)

最近は美白ブームもあり、白い歯に対する要望が強くなっています。以前「芸能人は歯が命」というCMが流行しました。最近サンスターが実施した「歯と歯ブラシに対する意識調査」では、「コミュニケーションで重要な顔のパーツ」の一位に「笑顔の似合う白くきれいな歯」が挙がっています。歯の健康にとって白さは関係ありませんが、最近は審美歯科の広がりもあり、白い歯に対する要望は強くなってきています。ヨン様の人気を支えるものの一つに白い歯ののぞく美しい口元もあるのではないでしょうか。

ホワイトニングの分類

白く美しい歯は表情を明るくします

  • 有髄歯(神経のある歯)のホワイトニング
  • 無髄歯(神経のない歯)のホワイトニング

がありそれぞれ方法が異なります。

有髄歯のホワイトニング法

次の二つに分類されます。

ホームホワイトニング

自宅で簡単にできる漂白法です。手順は次の通りです。

  1. 歯科医院で歯型を採りマウストレーを作ります。
  2. 自宅でマウストレーに漂白剤を入れ、歯に装着します。
  3. 指定された漂白時間が終了すればトレーをはずし、口をゆすぎます。

個人差はありますが一日二時間、二週間程度で効果が出ます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯の表面に漂白剤をおいて光をあて、歯を白くします。個人差が大きいのですが三回程度の来院で効果があります。

無髄歯のホワイトニング法

神経をとった歯は中が空洞になっています。ここに薬剤をつめ漂白する方法です。三回程度薬剤を交換すると白くきれいになります。歯の中から漂白することにより良好な結果が得られる方法として広く用いられています。

タバコ、飲み物、食べ物による歯の着色は、ホワイトニングではなく、歯の表面のクリーニングだけできれいになります。歯の色を気にされている方は歯科センターのスタッフに気軽に相談してください。