健康手帳(歯科センター) - 口腔乾燥症について

口腔乾燥症とは唾液の分泌が低下し、口腔内が乾いた状態になることです。

口腔乾燥症の症状

口腔乾燥状態の口腔内、舌に唾液がみられなかった

口の中が乾くと下記のような症状が認められます。

  • 粘膜の障害や舌粘膜の痛み
  • 義歯の不安定
  • 舌苔の増加
  • カンジダ症の発症
  • う蝕や歯周炎の発症・憎悪
  • 味覚低下や味覚障害
  • 飲みこみにくい、話しにくい

口腔乾燥の原因

口腔乾燥の原因として以下の事柄が挙げられます。

  • 加齢
  • 服薬
  • 放射線治療
  • シェーグレン症候群
  • 神経性の食欲不振
  • 口呼吸、飲水行動制限、ストレス
  • 乾燥した室内環境

口腔乾燥の治療

原因療法

原因となっている生活習慣や服用薬剤、全身状態などを把握して改善する

対症療法

唾液分泌低下や口腔乾燥感による口腔症状の改善や治療を行う

原因療法については専門の医療機関の受診を勧めます。対症療法として下記を参考にしてください。

  • 耳の前側斜め下あたりの耳下腺(唾液をつくっているところ)のマッサージ
  • 食事の時はよくかんで食べる
  • こまめに水分補給をする
  • 人工唾液、保湿剤を使用する

人工唾液・保湿剤。液体、ジェルなど各種が発売されている

気になる症状のある方はお気軽に歯科センターまでご相談ください。