リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリテーションという言葉は「心身に障害を残した患者を心理社会的に再適応させること」を意味しています。患者が日常生活動作を自立して行い、かつ、日々の日常生活動作を快適に遂行でき、介助量を軽減、ひいては、生活の質を高めることにあります。
当院のリハビリテーション科は理学療法、作業療法、言語聴覚療法で構成されています。

理学療法

種々の疾患によって生じた運動障害を運動療法、温熱療法、装具療法などの手段により診断・治療を実施しています.また当院の取り組みとして入院後早期に患者さんの機能評価を実施しています。入院翌日、翌々日から評価を実施してスクリーニングにかける事でリハビリが必要な患者さんに早期に介入する事ができ,廃用症候群や2次的合併症を予防しています。

当院の理学療法について

当院の理学療法では、循環器疾患・呼吸器疾患・消化器疾患等で入院されている患者さんや外来患者さんを対象に在宅・社会復帰に向け、専門職の立場からひとりひとりの状態に合わせた適切な治療を提供します。日々の業務以外も、講習会・研修会への参加を行い科内の技術向上を目指しています。主な取り組みとしては以下のようなものあります。

入院患者さんへのスクリーニング

早期退院を目的にした取り組みであり、入院早期に動作機能評価を実施して身体機能の低下があるかを把握し、入院治療による身体機能低下がおこる前に適切に介入していける体制をとっています。

疾患予防への取り組み

【糖尿病患者さんへの関わり】
医師・看護師・管理栄養士と連携をとりつつ,運動療法の講義〜動療法指導を一括して担います。個人に合わせた運動強度や運動方法を指導し、生活の中に運動を取り入れて頂く取り組みをしています。

呼吸器疾患の患者さんへのリハビリ

当院には呼吸療法認定士が在籍しており、呼吸器疾患の入院患者さんに対して元通りの生活を送れるようにリハビリをしています。退院後もリハビリが必要な方には外来でのリハビリを実施しています。

循環器疾患の患者さんへのリハビリ

当院には心臓リハビリテーション指導士が在籍しており、心不全後のリハビリや、心臓外科術後のリハビリを行っています。また、心臓外科のリハビリでは手術前評価や指導から介入し、手術も後速やかにリハビリの介入が可能な体制をとっています。

当院の理学療法について

今年度より理学療法室が大幅に拡大し、日の当たる広々とした空間でのびのびとリハビリを実施することができるようになりました。広くなった理学療法室には治療用ベッド、平行棒、訓練用階段、エルゴメーターなどが設備されています。

作業療法

食事・排泄などの実際の日常生活動作や家事や買い物などの応用の生活動作に関わり支援をしていきます。その人に合った安全な生活を送れるように住環境の調整や必要な福祉用具等の検討も実施します。

当院の作業療法について

成人作業療法では一人一人に対して評価を実施しその人に合った援助計画を立てリハビリを開始していきます。脳梗塞等で動かなくなった手足の直接的なリハビリ、食事・入浴・排泄などの生活動作のリハビリ・家事動作等の生活に関連したリハビリを実施しています。
一人一人がその人らしい生活を送れるよう総合的に援助していきます。
対象疾患:心不全や肺炎後の廃用症候群、脳梗塞、認知症等小児発達外来の作業療法では、主に自閉症スペクトラム障害や発達性協調運動障害を持った幼児や児童に対して、感覚・運動・生活行為の発達を促すために、運動プログラムや感覚遊びを提供しています。

  • リハビリの様子
  • スプーンや箸の自助具
  • 調理の練習も行えます

院内デイルームについて

当院には入院中の患者さんであればどなたでも利用いただける院内デイルームがあります。手芸活動やレクリエーション等を通じ、入院中の生活のリズム作りや、気分転換を目的に手芸やレクリエーション等を実施しています。

みんなで頭を使った楽しいゲームの風景

利用している患者さんが作った手芸や貼り絵の作品

言語聴覚療法

病気や事故、加齢などによって生じた言語障害や飲み込みの障害(嚥下障害)、ことばの発達の遅れや偏りに対し、必要な訓練や助言、その他の援助を行う職種です。ことばでコミュニケーションを取ったり、好きな食べ物を食べたりといった、生活の中での『その人らしさ』を支援する分野です。

当院の言語聴覚療法について

コミュニケーションのお手伝い

人は他の人とお話をしたり、日記をつけたり、新聞を読んだり、いろいろなことばによる活動を楽しんでいます。私たち言語聴覚士は病気やけがなどでこれらの活動が難しくなった方に対し、周囲の方とより円滑にコミュニケーションを取り、その方らしい生活が送れるよう支援を致します。

お食事をより安全に楽しんでいただくために・・・

お歳をとったりいろいろな病気になったりすると、水分や食べ物の飲み込みが難しくなることがあります(嚥下障害)。医師とともにレントゲンや内視鏡を使ってわかりやすく飲み込みの評価を行ったり(VF・VE)、様々な形の食べ物を使って練習をすすめ食べやすい姿勢や形などをアドバイスさせていただきます。院内では医師・看護師・管理栄養士とチームを組み病状を踏まえて栄養管理を積極的にサポートするNST(栄養サポートチーム)に参加しています。
また、退院時には支援するご家族様にも不安がないよう食事場面での指導や調理師による調理指導などを実施しています。

「最近食事をしているとムセやすくなった」、「食欲がなくなった」、「のどに詰まる、残る感じがする」、「痰が多くなった」、「微熱が続く」など不安なことがあれば外来でもご相談下さい。

小児言語外来について

自閉症、広汎性発達障害、注意欠陥・多動性障害などのお子さんは、見た目では分かりにくく、周囲の理解を得ることが難しいため、誤解を受けてしまって辛い思いをされることが少なくありません。また、ことばの発達のゆっくりさやコミュニケーションの難しさを持つことが多く、親御さんがお困りのこともあります。

当院のSTでは遊びや机上の課題など、一人ひとりに合った方法でなるべく楽しく発達のお手伝いができるよう関わっています。また、親御さんへも家庭での対応方法などアドバイスをしています。
その他、発音がうまくできない(構音障害)や、どもってしまう(吃音症)、ことばの発達がゆっくりである(言語発達遅滞)など、ことばやコミュニケーションのさまざまな面でお困りのお子さんに対しても、小児科の医師・作業療法士・臨床心理士とともに支援を行っています。

訪問リハビリテーション

2014年4月より、松本協立病院からの訪問リハビリテーションを開始しました。病院に入院していた時の担当セラピストが、退院後もそのまま在宅での訪問リハビリテーションに携わることもでき、文字通り切れ目のない関わりやリハビリが可能となりました。