お知らせ一覧

第13回地域連携カンファレンスを開催しました

6月24日に第13回地域連携合同症例検討会が当院にて開催され、松本、安曇野地域の16診療所から医師のご参加をいただき、ご紹介いただいた症例を発表させていただきました。まずは講演として内科診療部長の鈴木医師より「心房細動を見つけたら、アブレーションの今」と題して当院でのアブレーションの実績を解説しました。また症例検討としては「当院における腹腔鏡下手術の紹介」(外科・福澤俊昭医師)、「妊娠糖尿病について」(糖尿病内科・前田実穂子医師)、「おなかのコブを見つけたら」(心臓血管外科・谷島義章医師)と3題が発表され、活発な意見交換が行われました。交流会では恒例の調理科有志による料理がふるまわれ、こちらも好評を博しておりました。次回もご期待ください。

5961.jpg