平成29年度 松本協立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 35 21 50 84 194 260 612 1090 1026 372
平成29年度に退院した患者さんを年齢別年齢階級別(10歳刻み)に患者数を表示しています。
当院は、救急医療にも力を入れており幅広い年齢層の患者さんを診療しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 198 2.33 4.62 1.01 70.27
050130xx99000x 心不全 181 21.56 17.71 2.21 83.69
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 81 2.05 3.03 0 71.52
050210xx97000x 徐脈性不整脈 74 6.81 11.21 1.35 80.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 64 20.72 12.34 6.25 81
[表示している定義]
総合診療科、消化器内科、呼吸器内科、腎透析・糖尿病、循環器内科等を含みます。
転科や1入院で複数の治療があった場合において、医療資源を最も投入した傷病の担当医が所属する科で集計されます。
転院率は、表示されてた疾患以外にあった他疾患による転院した数字も含まれています。
[説明]
内科は、総合診療科を含み、診療科にとらわれない疾患の治療をしています。
消化器内科は、ポリープ切除、胆管結石の治療が多くなっています。
呼吸器内科は、肺癌、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、びまん性肺疾患(間質性肺炎)、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など多岐にわたった呼吸器疾患の検査や治療をしています。
腎透析・糖尿病科は、インスリン指導、栄養指導、透析導入を中心に治療をしています。
循環器内科は、狭心症や心筋梗塞、下肢静脈瘤の治療が中心に検査、治療をしています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 9 4.89 5.70 11.11 2.89
040100xxxxx00x 喘息 - - 6.32 0 -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.34 25 -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 0 -
150070x0xx01xx 川崎病(2歳以上) - - 10.70 0 -
[説明]
入院が必要になった肺炎や胃腸炎等の治療をしています。一般診療所からの紹介入院も受け入れています。
※注)
患者数が10件未満または該当がないものは、-(ハイフン)表示にしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 24 5.92 5.56 0 40.67
060245xx97xxxx 内痔核 24 10.88 5.71 0 59.29
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 21 16.52 15.61 4.76 75.52
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 20 9.45 8.98 5 71.5
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 18 8.28 6.64 0 65.89
[表示している定義]
消化器外科、肛門科が含まれています。
[説明]
消化器外科は、悪性腫瘍、虫垂炎、胆嚢炎等が多く腹腔鏡による手術を施行しています。また、術後のリハビリをきちんと実施し早期回復を心がけています。
肛門科は、「恥ずかしい」と診療を躊躇しがちですが、女性医師も診察することでお悩みにお答えできるよう治療をしています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 27 15.48 23.93 0 72.59
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 21 8.86 12.51 0 79.33
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 23.29 0 -
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 - - 3.20 0 -
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 - - 17.95 0 -
[説明]
虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス手術、心臓弁膜症に対する弁置換術、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、末梢血管のラジオ波治療をしています。
術後のリハビリをきちんと実施し早期回復を心がけて入院期間を減らしています。
※注)
患者数が10件未満または該当がないものは、-(ハイフン)表示にしています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 25 7 7 7 3 7 1 7
大腸癌 13 10 17 19 3 30 1 7
乳癌 7 4 3 3 4 1 1 7
肺癌 3 9 4 34 2 5 1 7
肝癌 5 5 2 3 3 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
[表示している定義]
「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは他院にて診断後当院で初回治療を実施した場合になります。
「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再熱・遠隔転移などが含まれます。
[説明]
胃癌は、胃カメラによる検査にて、早期発見が多くなっています。胃カメラや腹腔鏡による手術が多く実施されています。
大腸癌は、腹腔鏡や開腹手術を実施しています。進行癌も幅広く該当しています。
肺癌は、病理検査や気管支鏡検査にて肺癌検査を実施しています。
当院では、進行度によって、化学療法や他院との連携をした治療も実施しています。
※注)
「初発」はUICC TNM分類により分類された患者数になります。
「再発」には、通常のがん再発以外に他病院で治療を受けた人数も含んでいます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.31 65.25
中等症 71 16.76 81.93
重症 26 19.92 87.65
超重症 - - -
不明 0 0 0
[表示している定義]
成人市中肺炎は、病院外の日常生活していた人に発症した肺炎になります。
重症度は、年齢、呼吸状態、循環動態、意識状態などの条件により決定されます。
[説明]
当院では中等症・重症・超重症の肺炎は、高齢者に多くみられ今後も増加傾向の疾患になります。
軽症も高齢化が進んでいます。
※注)
患者数が10件未満または該当がないものは、-(ハイフン)表示にしています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 34 48.56 79.97 12.50
その他 14 37.57 80.64 4.17
[表示している定義]
「脳卒中の発症時期」が「発症3日以内」の場合は「3日以内」行に、それ以外の値の場合は「その他」行に集計します。
[説明]
当院の脳梗塞は発症日から3日以内に入院する患者が多く、平均年齢は70歳後半から80歳前半が多くなっています。
脳梗塞・脳出血など超急性期疾患については、近隣の脳外科の専門施設へ紹介をしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 218 0.17 1.2 0 69.42
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 158 0.56 1.23 0 70.79
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 56 0.07 5.39 5.36 69.29
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 42 1.71 4.31 0 67.62
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 42 2.81 9.48 0 80.12
[表示している定義]
総合診療科、消化器内科、呼吸器内科、腎透析・糖尿病、循環器内科等を含みます。
[説明]
循環器内科は、カテーテルによる手術、ペースメーカ-植え込み術を、年間350~400症例実施しています。
消化器内科は、内視鏡治療・処置が多く、ポリープ切除やがん切除術等を、年間500~600症例実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 4.05 9.08 2.7 68.03
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 25 0.36 8.36 0 56.48
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 24 0.79 4.13 0 40.67
K6335 鼠径ヘルニア手術 23 1.52 10.43 4.35 68.52
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 2.68 13.5 4.55 74.68
[表示している定義]
外科には、消化器外科、肛門科が含まれています。
[説明]
消化器外科は、腹腔鏡下にて胆嚢摘出、虫垂切除、悪性腫瘍切除等が多くなっています。
肛門科は、入院による痔核手術を年間30~40症例実施しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 17 3.82 12.29 0 72
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 14 1.21 7.07 0 79.79
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - 0 -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - 0 -
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) - - - 0 -
[説明]
心臓血管外科は、虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス手術、心臓弁膜症に対する弁置換術、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、末梢血管のラジオ波治療をしています。
※注)
患者数が10件未満または該当がないものは、-(ハイフン)表示にしています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 10 0.27
180010 敗血症 同一 - -
異なる 16 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.29
異なる - -
[説明]
入院時にあった疾患が原因で発生するものが多くあります。
手術・処置等の合併症は入院日数が長くなったりすると発生が増えますが、当院の発生率は多くはありません。
※注)
患者数が10件未満または該当がないものは、-(ハイフン)表示にしています。
更新履歴
2018/9/6
2018年度 指標新規作成