医学生《奨学金制度》

奨学金のご案内

松本協立病院が加盟する長野県民医連では、将来長野県民医連の病院・診療所で勤務することを希望する医学生のみなさんへ、奨学金制度を設けています。

この制度は、将来第一線の医師として十分に力を発揮できるように、学生時代に専門の勉強とともに、日本の医療の状況や地域・社会のことも大いに学んでもらうために、学費や生活費の援助を行うことが目的です。

私たちは"いつでも どこでも 誰もが 安心してかかれる医療"をかかげ、地域に住む人々に支えられて発展してきました。

地域を思う優しい心を持ち、地域で活躍できる医師になってもらうため、また大学にはない学びを通して様々な角度から社会を知り、患者さんの病気だけではなく、病気になった背景まで考えられる視野の広い医師になってもらうため、様々な企画を行っています。

奨学金について

  • 支給対象
    医学部医学科1年生から6年生まで
  • 支給額
    1~3年生:月額50,000円 4~6年生:月額60,000円
    所得制限なし、返済免除規定あり。長野県民医連 医学生奨学金貸付規程による。
  • 特別貸付金制度
    月額50,000円まで、上記の奨学金と併給可能
    例:奨学金50,000円+特別貸付金50,000円=月額100,000円

「全国医学生のつどい」では、全国の医学生たちと医療について学ぶことができます。
テーマは「終末期医療」、「震災と医療」、「生活保護」など様々です。

長野県のへき地を訪れるフィールドワークも毎年開催しています。
普段の生活だけでは触れることのできない経験です。

他にも多彩なフィールドで医療を学ぶことができます。
ご興味のある方、話を聞いてみたい方、お気軽にご連絡ください。