医療安全管理指針

医療安全管理室長あいさつ

小山崇副院長

「医療安全管理室は地域の皆様に安心で安全な医療を提供することを目的として、病院組織の一部として設置されました。

『いつでも どこでも だれもが 安心してかかれる医療をめざして』という病院理念を実践につなげることができるよう、ハード面でもソフト面においても十分な安全対策を講じ、地域の皆様が安心して受診できる環境を整えます。」

松本協立病院の医療安全管理指針より

基本理念

松本協立病院では、設立以来一貫して「患者の立場にたった、患者のための」医療を行う事を目的としてきた。しかしながら、医療内容の進歩・複雑化にともない、われわれ医療従事者の何気ない不注意が、患者の安全を損なう結果となりかねない状況が多々見られ、理念だけでは不十分な時代を迎えている。
そこで、より安全で良質な医療を提供する為に、全職員がそれぞれの立場からこの課題に取り組み、実践できるように指針を作成する。

医療安全の組識 医療安全管理室

医療安全管理室長 小山崇副院長
感染対策委員長 上島邦彦副院長(ICD)
医療安全管理者 佐藤英子看護師長
感染対策専任者 高橋之看護主任(ICN)

医療安全に関する年間計画・方針など

安全対策委員会 月1回
安全対策カンファレンス 週1回
感染対策委員会 月1回
ICT会議 週1回
安全対策職場担当者会議 月1回
薬事委員会 月1回
医療機器保守管理委員会 年3回以上
検査適正化委員会 年3回以上
輸血委員会 年3回以上
採用時研修 4月入職者
中途入職者は随時
医療安全定期ラウンド 月1回
医療事故防止月間 毎年度12月~2月 
BLS/AED講習会 月2回 各部署ごとに計画実施
医療安全全職員学習会 年2回
感染対策全職員学習会 年2回