ME科

部門紹介

病院の中では医師をはじめ,様々な医療専門職種があり,その一つとして,臨床工学技士という専門技術職があります。臨床工学技士は主に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業務としております。
また病院で使用されている様々な医療機器の勉強会なども開催し多くのスタッフと連携を図りながら医療機器に関わる安全管理に努めています。

スタッフ紹介

科長 小林 浩
臨床工学技士 11名

資格取得

不整脈治療専門臨床工学技士 1名
心血管インターベンション技士 1名
体外循環技術認定士 1名
血液浄化専門臨床工学技士 1名
透析技術認定士 3名
3学会合同呼吸療法認定士 1名
医療機器情報コミュニケーター(MDIC) 1名

業務内容

心血管カテーテル業務

虚血治療では冠動脈や末梢血管治療で使用する機器(IVUS・ローターブレーター・体外式ペースメーカ)や、補助循環装置(IABP・PCPS)、除細動器の操作などを行います。
また、不整脈治療ではアブレーションに伴う各種医療機器の操作を実施し、その他にも動脈瘤に対するTEVAR・EVAR業務など多岐に渡る業務に従事しています。

植込みデバイス業務

植込みデバイス(ペースメーカ・ICD・CRT-P・CRT-D)手術におけるプログラマー操作や、定期的に外来にて植込みデバイスの作動チェックを実施しています。

手術室業務

心臓血管手術時に用いる人工心肺装置や心筋保護液供給装置、自己血回収装置などの操作を行います。
また、定期的に麻酔器の作動点検や内視鏡外科手術に立ち合い、医師や看護師と連携し医療機器の安全使用に努めています。

医療機器管理業務

院内で使用される様々な医療機器を安全に使用できるように機器を中央管理し、貸出・返却・修理・点検を行っています。(院内管理機種:69機種)
また医療機器の安全使用の確保・コスト削減に努めており、機器のライフサイクル検討・年間点検計画の立案・機器購入に伴う機種選定・他職場スタッフへの教育等に積極的に取り組んでいます。(2015年度医療機器学習会実績:36回)

人工呼吸器管理業務

一日一回のラウンド点検やマスク・人工鼻等の備品チェックを行い人工呼吸器の安全使用に努めています。(院内管理機種:挿管用人工呼吸器3機種、NPPV用人工呼吸器 1機種)
また他職場スタッフへの教育・コスト削減・リスクマネージメント・感染対策等にも積極的に取り組んでいます。

血液浄化業務

透析センターでは、日常業務(透析準備、透析装置使用中チェック~透析終了、物品管理、定期点検、周辺機器の環境整備など)の他に、オンラインHDFなどの治療を行うにあたり必須条件である超純粋透析液の為の水質管理や、患者さんのVA(バスキュラ-アクセス)管理の為のシャントエコー・PTA(経皮的血管拡張術)の介助、カンファレンスへの参加などを行い、医師・看護師とともにチームで安全・良質な透析治療が行えるよう日々努めています。その他の血液浄化業務として各種の病態に対して様々な有効性が期待できるCHDFや肝不全・免疫疾患を対象とした血漿交換、敗血症に対するエンドトキシン吸着など、各種血液浄化療法に24時間体制で対応しています。専門的な技術と知識をもつ臨床工学技士が医師からの依頼に合わせた治療の準備を行い、開始から終了まで安全な施行に努めています。