お問合せ先・電話受付時間

レスパイト入院についてRESPITO

レスパイト入院とは ~介護者のための「レスパイトケア」~

~介護者のための「レスパイトケア」~

レスパイト(respite)とは、「一休み」「息抜き」といった意味の言葉です。
レスパイト入院は、介護する側と受ける側の双方のストレス軽減を目的に作られた短期入院制度です。ご本人やご家族の休息目的や、冠婚葬祭、旅行、ご家族の病気や入院など、一時的に在宅での介護が困難になった場合もご利用頂けます。
超高齢社会が到来し、介護疲れによる「介護うつ」が社会問題化しています。特に医療的管理が必要な患者さんの介護をされているご家族は、日々多大なストレスを抱えながら生活を送られていると思います。介護疲れによる症状(病気)が心体に現れる前に、早めに当院にご相談下さい。

ご利用対象

医療的管理の必要な方が対象になります。
病状などにより介護保険によるショートステイの利用が
困難な方もご利用頂けます。

  • 神経難病の方
  • 人工呼吸器を装着されている方
  • 気管切開を受けられた方
  • 胃ろう、腸ろう等の経管栄養、静脈栄養の方
    (口からの飲食が困難な方)
  • 自立歩行や排泄が困難な方
  • 治療に関わる処置が必要な方 など

※上記の状態以外でも受け入れ可能な場合がありますので、
お気軽にお問い合わせください。

ご利用例

  • 介護疲れで少し休みたい
  • 冠婚葬祭のため、介護者が家を留守にする
  • 介護者やご家族の病気・入院により一時的に介護が難しい
  • 介護者が旅行に出かけたい
  • 患者さんご本人が家族としばらく離れて過ごしたい など

ご利用にあたっての注意点

  • 入院期間は、1回につき原則14日以内となっております。
  • 予約制で受け入れをしているため、緊急のご相談はご希望に添えない場合がございます。
  • お部屋や入院期間などは、病棟の使用状況などでご希望に添えない場合がございます。
  • 定期内服薬やストーマなどの普段使用されている医療器材は入院日数分ご持参ください。
  • 他の医療機関へ受診の予定がある期間はご利用頂けません。
  • 治療目的の入院ではないため、入院前に検査・処置など予定致しません。
    (緊急時には医師の判断で実施致します。)

ご利用期間について

レスパイト入院の合計日数が60日に達した場合、その後の3ヶ月間はレスパイト入院が利用できなくなります。
<利用のイメージ図>

レスパイト入院のご利用期間

ご利用の流れ


  1. 1

    ケアマネージャー、かかりつけ医、地域包括支援センターの担当者様にご相談ください。

  2. 2

    当院にレスパイト入院の申込書をFAXして頂きます。
    下記ボタンから、地域包括ケア病棟入院申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、
    患者サポートセンター(地域医療福祉連携室・予約センター)0263-35-5338までFAXをお願い致します。
    地域包括ケア病棟入院申込書

  3. 3
    調整後、当院担当者より受入れの可否・入院日等をお知らせします。
  4. 4

    レスパイト入院に必要な入院書類を患者様宅へ発送いたします。

※ご家族からの直接のご相談も受け付けております。

費用について

  • 医療保険を利用しますので、健康保険証のご提示をお願い致します。
  • 通常の入院と同様に高額療養費制度、限度額適用認定証もご利用頂けます。
  • 入院中の寝衣、おむつ等は、「CSセット」「おむつセット」(有料)をご利用頂けます。
レスパイト入院に関するお問い合わせ
フォームから問い合わせる
お電話で問い合わせる
患者サポートセンター
(地域医療福祉連携室・予約センター)
平日9:00 – 17:00