看護部について

ごあいさつ

看護部長 佐藤康子

松本協立病院は地域の働く人々と共に作り上げてきた病院として今日まで地域の皆様、友の会の皆様に支えらながら発展してきました。 看護部一同は、病院の理念を実現するために、安心して医療、看護を受けた事が実感できる看護の提供を目指しています。
そのために私達は以下の事を大切に心がけていきたいと思います。

  1. 患者さんや家族の思いに寄り添う看護を実践し、共有し、共に学び合う。
  2. 患者さんをまるごととらえ、人間らしくその人らしく生きていくことを支援する。
  3. そのために医師、他職種と連携しチーム医療を実践する。
  4. 相手の立場に立った行動、コミュニケーション・対応を取る事ができる。
  5. 命を守る事は平和を守る事につながる。そのための行動に取り組む事ができる。

社会や医療をめぐる環境が変化し看護師に求められる役割と責任も大きくなってきていますが、患者さんやご家族の皆様に笑顔になっていただくことが看護のやりがいにつながります。共に学び合える看護集団として励んでいきたいと思います。

看護理念

「いつでも どこでも だれもが安心してかかれる医療」をめざします。

  • 1. 患者さんの労働を含めた生活史・病態生理を総合的にとらえ、急性期~慢性期・在宅まで継続した看護を提供します。
  • 2. どなたにも、必要な看護を差別することなく提供します。
  • 3. 患者さんを中心に、医師・技術職者や事務職者などすべての職員と力をあわせて、医療・看護を提供します。
  • 4. 看護実践を通じて、ひとりひとりの患者さんの人権を守り、要求を実現する立場で運動と結び付けていきます。

めざす看護師像

私たちは、民医連綱領の立場にたち、民医連の看護の3つの視点4つの優点を実践し、
『人間らしくその人らしく生きていくことを支援し寄り添うことができる』看護師をめざします。

人間らしくその人らしく生きていくことを支援し寄り添うことができる看護師

社会人としての基本的能力

基本の姿勢
  • 相手に合わせた適切な対応ができる。謙虚な姿勢を持ち続ける
  • 専門職として働き続けるためのライフプランを立てることができる
  • 何事においても、向上心を持って取り組める
  • 世の中の動きに関心を持ち自分の事として考えられる
セルフコントロール

自律・自分自身を大切にできる・ルールを守る

人権尊重

自分の人権や相手の人権を尊重する

役割認識

世代なりの役割を認識して行動できる・協調性・責任感をもつ

コミュニケーション
  • 意見や考えをまとめること、発言すること、聴くこと、受け止めることができる
  • 一緒に働く仲間を受け入れることができる
  • 仲間とチームを組んで仕事することができる
参画

組織の一員として貢献できる・建設的な提案ができる

かかわるすべての人々とともに成長する

専門職として求められる能力

寄り添う

患者ご家族の思いに共感することができる・共に考えることができる

医療・看護倫理

看護者の倫理綱領に基いた行動ができる

質の高いケアの追求
  • 安全安楽を図りながら、看護サービスを提供できる
  • 知識技術・専門性を高めるために自己研鑽する
  • 事例から学び自己を振り返る中で、看護の本質を追求することができる
専門分野の追求

目標をもち、専門職としてキャリアアップに努める

チーム医療の中での役割の理解と実践
  • チームワークの要として状況認識・意思決定ができコミュニケーションを円滑にする
  • メンバーシップ・リーダーシップを発揮することができる
連携

他の職種とスムースに連携できる

地域に貢献する

働き続ける・資格をいかして地域の行事に参加する

民医連職員として求められること

民医連の医療理念〔基本的人権を尊重し、医療は共同の営みとする医療観・生活と労働の場でとらえる疾病観・命の重さに差はないという患者観〕を理解できる

共同組織活動に参加する

医療・福祉制度に目を向け、平等に医療福祉がうけられる社会にするために常にアンテナを高くする、社会情勢に関心を持ち行動できる

看護の現状を社会に訴えることができる、看護の労働環境を良くする運動に取り組む

憲法の理念を理解し、医療人として平和を守る運動に取り組む

*民医連の看護3つの視点4つの優点*
3つの視点:患者の立場に立ち、患者の要求から出発し、患者とともにたたかう
4つの優点:総合性と継続性・無差別性・民主性・人権擁護と運動

チーム医療(認定看護師)

感染看護 認定看護師
高橋 之

感染看護

院内の感染対策チームの一員として専従で感染対策を担当しています。
感染対策チームで特定の抗菌薬を使っている患者さんや、培養検査で陽性となっている患者さんをラウンドし使用状況等それぞれの職種の視点で意見交換しています。
情報収集を行い、データをまとめ改善策を提案し評価改善策の検討を感染対策チームの一員として行っています。

認知症看護 認定看護師
吉田 佐代

認知症看護

普段は塩尻協立病院の2階病棟で勤務をしています。
認知症高齢者の患者さんの“自立と自律を支援すること”を大切にし、患者さんも、看護師も笑顔でいられることを目標に活動しています。

がん化学療法 認定看護師
外山 剛

がん化学療法

当院の化学療法室は、6床のベッド数でアットホームな雰囲気です。患者さんやご家族と、信頼し合える関係づくりを目指しています。また、経口薬のみを治療される方へも、気軽にお立ち寄りいただいています。患者さん、ご家族が大切にしていること、何気ない日常、価値観を共に見つめ、笑顔で過ごすことができるよう、心温かな看護に努めています。

慢性呼吸器疾患看護 認定看護師
大澤 拓

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

COPDや喘息、間質性肺炎など、慢性呼吸器疾患を中心に、人工呼吸器の調整や包括的呼吸リハビリテーションについて実践や相談を行っています。チームで関わる場面をつなぐ意識で関わっています。入院している方だけでなく、外来通院の方の療養相談、時には訪問看護師さんと一緒に訪問することもあります。
一般の方々向けの健康教室など、呼吸のしくみや治療・療養の知識を広げる活動もしています。お気軽にお問い合わせください。

先輩からのメッセージ

松本協立病院 南2病棟
大谷 百世
2015年入職
愛知医科大学卒

先輩ナースに支えられて

私が働く地域包括ケア病棟では、患者さん・ご家族が安心して退院できるように支援しています。入職当時は初めてのことばかりで、慣れない仕事に日々緊張しながら働いていました。そんな中でも、私がこの仕事を頑張ってこれたのは、先輩方が優しく声をかけ、時には一緒に悩み、考えてくれたからです。また、研修制度も充実しており、同じ悩みを抱えた同期と励まし合いながら頑張ってきました。ひとりで悩むことなく、看護師として成長できる職場で、ぜひ一緒に働きませんか?

松本協立病院 北3病棟
倉繁 貴文
2015年入職
松本短期大学卒

男性の看護師歓迎します!

私が働いている職場は、総合診療内科・呼吸器内科の病棟です。様々な疾患の患者さんが入院するため、とても大変で忙しいですが、色々な病気を目にする機会が多く勉強になります。その中でも慢性的な呼吸器疾患の患者さんと関わる事や、支える事にやりがいを感じています。男性看護師は患者さんや他の看護師から頼りにされる存在だと思うので、これからどんどん増えてくれたら嬉しいです。ぜひ、松本協立病院で一緒に働きましょう。

塩尻協立病院 2階病棟
野口 裕子
2007年入職
木曽看護専門学校

子育てとの両立も頑張れる

私は塩尻協立病院の2階で働いています。産休・育休を経て職場復帰し、もうすぐ5年になります。復帰後1年は時間短縮で勤務しました。現在は職場の協力により、夜勤回数を考慮してもらったり、あまり残業せず迎えの時間に間に合うよう帰れるので、子育て中でも働けています。