一般外科

長野県民医連に参加するわれわれの外科は、地域にある病院として、患者様が、生活の場の近くで治療を受けられるよう診療にあたっています。

日常多く見られる疾患に対応すると共に、大きな手術治療も行えることを目指しています。

後期研修プログラムでは、診療グループとして診療にあたる中で、日々指導を受けながら、on the job trainingに参加することを基本とします。その中で、日常的に安全・安心の医療に携わる力を身に付けるとともに、日々進歩するための学習の姿勢を身に付けることを目標にします。

Ⅰ.一般目標

  • 適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力の修得。
  • 手術を適切に実施できる能力の修得。
  • 外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身に付ける。
  • 生涯学習を行う方略の基礎を習得する。

Ⅱ.到達目標

①外科診療に必要な基本的知識を理解し、臨床応用できる

②外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技

  • 音波・内視鏡検査を行え、CT・MR検査の読影が出来る
  • 周術期管理が出来る
  • 麻酔手技を安全に行える
  • 外傷・熱傷の診断・治療

③手術を適切に実施できる

助手としての経験から入り、多くの手術を経験し、多くの手術を術者として経験する

  • 消化器および腹部内臓
  • 乳腺
  • 体表(皮膚・軟部腫瘍など)
  • 鏡視下手術
  • 呼吸器

※心臓・大血管・末梢血管疾患の研修も考慮します。

④医の倫理に基づいた態度と習慣を身に付ける

  • 医師・看護師・コメディカルスタッフと協調・協力して、チームとして医療を行う
  • 適切なインフォームド・コンセントを得ることが出来る。
  • ターミナルケアを適切に行える。

⑤学習の基本を習得し実行する

  • カンファレンス、その他の学術集会に積極的に参加すること
  • 積極的に学術集会での発表を行うこと

手術症例数

2011 2010 2009 2008 2007
手術件数 305 305 334 301 306
悪性腫瘍 103 91 99 99 116
胃癌 22 17 22 18 26
大腸癌 51 35 37 44 44
肝胆膵癌 16 12 13 13 15
乳癌 16 16 8 18 18
その他 2 7 13 6 9
胆嚢結石症 58 55 38 40 36
虫垂炎 20 25 20 23 30
鼠径ヘルニアなど 39 38 32 35 26
肛門疾患 6 5 4 5 9
腹腔内良性疾患 22 16 6 43 39
その他 57 81 92 56 50
内視鏡下手術 68 53 43 33 35