登山者検診のご案内

なぜ登山者検診が必要なのか?

 山岳遭難の背景には疲労がある

(自分の体力に見合わない山行計画)
    CPXを用いた運動耐容能のチェック

 山岳遭難死の20%は突然死が原因

(心臓病の既往歴のない隠れ心臓病がほとんど)
    循環器専門医による心臓病のチェック

登山者検診のススメ

市川 智英
循環器内科 市川 智英

日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本不整脈心電学会 不整脈専門医
日本登山医学会認定 国際山岳医

市川 智英

当院では2019年4月より登山者検診を開始しました。
全国的にもめずらしいこのような検診を開始した理由としては、山岳遭難の増加があります。2018年には日本全国で山岳遭難者数は3129名と過去最多を記録しており、そのうち342名が帰らぬ人となりました。中でも長野県は遭難者数330名、死亡・行方不明数57名であり、山岳遭難した際の死亡・行方不明率は17.3%といずれも全国最多となっており、極めて高い数字です。
山岳遭難の主な原因として、道迷いや転倒・滑落がありますが、そのような山岳遭難の背景には疲労があると考えられます。疲れ果てた状態で登山することで、道迷い、転倒・滑落といった事故を招くのではないでしょうか
一方で、人はなぜ山で亡くなってしまうのでしょうか?滑落、雪崩が多いのはもちろんですが、意外な理由として心臓突然死が山岳遭難死亡の約20%を占めているといわれています。



当院の登山者検診の目的は、①運動耐容能(体力レベル)の客観的評価を行い、自身の体力に合った山行計画を立てていただくこと②心臓病を事前に評価し、安全に登山を楽しんでいただくことです。
私は循環器専門医として日々心臓カテーテル治療を行っている一方で、自分自身の山好きが高じて国際山岳医としても活動しています。山のことを愛し、心臓の事も山の事もよく知っている自分だからこそ、山を愛する皆さんを不幸な事故から防げるのではと考えています。
事前に登山者検診を受けて、安全に山登りを楽しみましょう!

※検診の結果、心疾患が見つかった場合には、必要に応じて登山前に治療を提案することもあります(保険診療になります)。そのためには目標の登山の前に余裕をもって受診していただくことをお勧めします。

登山者検診

基本コース 基本コース(CPXフォロー付き)
検査項目 血液検査
胸部レントゲン
尿検査
心電図
肺機能検査
心臓超音波
心肺運動負荷試験
診察
CPXフォロー1回(1年以内)
オプション
検診料金 26,400円(税抜) 29,800円(税抜)

オプション

  • CPXフォロー1回(1年以内) 5,000円
  • SPO2モニター 2,000円
  • 栄養メンテ 3,000円

○ 日本登山医学会提携登山者検診ネットワーク検診のみをご希望の方はお問い合わせください。