登山者検診のご案内

登山者検診はじめます

市川 智英
循環器内科 市川 智英

私は2012年に初めて西穂高岳独標に登り、山の世界の虜になりました。素人だけでの無謀な登山。6月の北アルプスがどういう状況かも知らず、残雪・霧・みぞれに見舞われました。普通の人から見たらつらいだけの初登山でしたが、医師として日常生活のほぼ全てを病院で過ごしていた自分にとってはとても刺激的な経験でした。それ以来、休みを無理矢理作っては日本中の山を登り歩いてきました。一般登山はもちろん、沢登り、バリエーション登山、積雪期登山、アイスクライミングと積極的に山で過ごし、現在は国際山岳医の資格を得るに至りました。
山岳遭難は年々増加しており、2017年には日本全国で3111名が遭難され、354名が帰らぬ人となりました。山岳遭難の原因は1位 道迷い、2位 転倒・滑落によるケガです。しかし、そのような山岳遭難の背景には疲労があると考えられます。自分の体力に見合わない山行計画によって疲れ果て、判断力を失い、道迷いや転倒・滑落につながってしまうのではないでしょうか?
一方で、人はなぜ山で亡くなってしまうのでしょうか?一番の理由はケガです。しかし、意外な理由として心臓死が山岳死亡の約20%を占めているのです。
事前に心肺運動負荷検査(CPX)や心エコー検査を行うことで、自身の体力レベルを知り隠れた心臓病を検出することができます。私はもともと循環器専門医であり、不整脈専門医です。現在も狭心症や不整脈患者さんに対して日夜カテーテル治療を行っています。山のことを愛し、心臓の事も山の事もよく知っている自分だからこそ、山を愛する皆さんを不幸な事故から防げるのではと考えています。
“彼を知り己を知れば百戦危うからず“です。事前に登山者検診を受けて、安全に山登りを楽しみましょう!

登山者検診

基本コース 充実コース
検査項目 血液検査
胸部レントゲン
尿検査
心電図
肺機能検査
心臓超音波
心肺運動負荷試験
診察
オプション
検診料金 10,000円(税抜) 26,400円(税抜)

○ 基本コース、充実コース共に日本登山医学会提携登山者検診ネットワーク対応検診です。

充実コース受検者のみ

○ CPX 定期フォロー 10,000円(税抜)