病院の概要・沿革

病院概要

2018年1月31日現在

所在地 長野県松本市巾上9-26
延床面積 RC造6階建14,198.49m²(4,295坪)
病床数 199床
・7対1入院基本料142床
・地域包括ケア病床49床
・HCU(ハイケアユニット)8床
職員構成 

全職員数396名

医師28名/歯科医師4名/薬剤師9名/保健師・看護師・准看護師182名/看護補助者11名/介護福祉士・ヘルパー11名/臨床工学技士10名/診療放射線技師10名/臨床検査技師18名/理学療法士15名/作業療法士10名/言語聴覚士3名/臨床心理士2名/管理栄養士4名/調理師9名/医療ソーシャルワーカー5名/事務
標榜科目 内科(総合診療科)/循環器内科/消化器内科/呼吸器内科/神経内科(休止中)/リハビリテーション科/小児科/外科/肛門外科/心臓血管外科/放射線科/泌尿器科/歯科/麻酔科
専門外来 心臓外来/消化器外来/呼吸器外来/糖尿病外来/ペースメーカ外来/睡眠外来 /禁煙外来/漢方外来
施設概要 循環器センター/透析センター/睡眠センター/訪問リハビリテーションセンター/通所リハビリテーションセンター
併設在宅
総合ステーション
居宅介護支援センター/松本協立訪問看護ステーションすみれ/松本協立ヘルパーステーション

施設認定

施設認定

  • 日本医療機能評価機構認定病院3rdG:ver1.0
  • 基幹型臨床研修指定病院
  • 卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定病院
  • 日本内科学会認定教育関連施設
  • 日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設
  • 日本不整脈心電学会・不整脈専門医研修施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会関連施設
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設
  • 日本透析医学会教育関連施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会関連施設
  • 日本大腸肛門病学会関連施設
  • 日本がん治療認定研修施設
  • 三学会構成心臓血管外科専門医基幹施設
  • 腹部ステントグラフト実施施設
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • 日本成人心臓血管外科手術データベース認定施設
  • 日本病理学会研修登録施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST(栄養サポートチーム)稼動施設

各種施設基準(2018.7.1現在)

基本診療料の施設基準

  • 急性期一般入院料1
  • 基幹型臨床研修病院入院診療加算
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(15対1補助体制加算)
  • 50対1急性期看護補助体制加算
  • 看護職員配置加算
  • 看護補助者配置加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 医療安全対策加算1
  • 医療安全対策地域連携加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 感染防止対策地域連携加算
  • 抗菌薬適正使用支援加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 入退院支援加算1
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • データ提出加算2(200床未満)、提出データ評価加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • ADL維持向上等体制加算(急性期一般入院基本料)
  • 地域包括ケア病棟入院料1

特掲診療料の施設基準

  • 心臓ペースメーカー指導管理料(植込型除細動器移行加算)、機能強化加算
  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ、ロ、ハ
  • 外来化学療法加算1
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • ニコチン依存症管理料
  • 小児外来診療料
  • 外来リハビリテーション診療料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅療養支援病院
  • 在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合診療料
  • 在宅緩和ケア充実診療所・病院加算
  • 持続血糖測定器加算
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
  • 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
  • 植込型心電図検査
  • 時間内歩行試験
  • ヘッドアップティルト試験
  • 皮下連続式グルコース測定
  • 遺伝学的検査の注の施設基準
  • 保険医療機関間の連携による病理診断の施設基準
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 画像診断管理加算Ⅰ
  • 無菌製剤処理料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料の救急搬送看護体制加算
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 人工腎臓 慢性維持透析を行った場合1
  • 透析液水質確保加算、慢性維持透析濾過加算、導入期加算1
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 慢性経皮的冠動脈形成術
  • 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
  • 経皮的冠動脈ステント留置術
  • 経皮的中隔心筋焼灼術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
  • 植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
  • 両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
  • 植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術
  • 胸腔鏡下弁形成術
  • 胸腔鏡下弁置換術
  • 医科点数表第2章第10部手術通則4号及び第18号に掲げる手術
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)、
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • クラウン・ブリッジ維持管理料、
  • 歯科治療総合医療管理料
  • 在宅患者歯科治療総合医療管理料
  • CAD/CAM冠
  • 歯科技工加算
  • 歯科訪問診療料の注13に規定する基準
  • 歯科外来診療環境体制加算1
  • 歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準
  • 有床義歯修理及び有床義歯内面適合法の歯科技工加算1及び2

沿革

1973年 48年 11月 (みなし法人)中信勤労者医療協会設立
1974年 49年 4月 松本診療所開設
1978年 53年 10月 病院建設予定地取得
1979年 54年 11月 第1回健康まつり
1980年 55年 4月 松本協立病院建設実施設計に着手
8月 松本協立病院建設起工式
9月 第2回健康まつリ(病院建設地にて)
10月 医療法人(社団)中信勤労者医療協会設立
1981年 56年 4月 松本協立病院開設(松本診療所廃止)内科・小児科・理学診療科・神経内科
4月 病院落成式・祝賀会兼ねて第3回健康まつり(病院にて)
8月 松本協立病院盆踊り大会(以降毎夏開催)
1982年 57年 6月 バス旅行「ふれあいの旅」実施、地域住民、患者、職員290名参加
7月 医事会計をコンピュータ化へ移行
10月 第2期増改築工事竣工(3階増築)
1983年 58年 3月 第2期増改策工事完了(62床)小児科専門診察室、リハビリ室完成
1984年 59年 1月 リハビリテーション科開設
3月 山形診療所開設
12月 第3期増改築工事完了(80床となる)
1985年 60年 6月 第2回「ふれあいの旅」420名参加
10月 頭部CT装置導入
11月 第5回健康まつリ
12月 第4期増改築工事完了(施設拡幅)
1986年 61年 12月 第5期増改築工事完了(103床)
1987年 62年 4月 全身用CT導入
4月 人工透析センター開設
4月 言語療法室開設
8月 第1回「高枝生一日看護婦体験」実施以降毎年開催となる
10月 第6回健康まつり
12月 友の会設立総会
1988年 63年 2月 友の会健診を開始
6月 協会創立15周年、友の会結成記念行事「燃える雪」上演(市民会館満席)
1989年 1年 1月 友の会第2回定期総会開催、以降毎年開催となる
4月 病棟患者のお花見会(松本城二の丸庭園)以降毎年開催となる
6月 第3回「ふれあいの旅」バス12台520名の参加
11月 第6期増改築工事竣工150床となる(外来など大幅なリニューアル)
11月 県下6番目の老人デイケアオーブン
1990年 2年 1月 シネアンギオ装置再入
9月 外科開設
10月 第7回健康まつリ(あがたの霖)
1991年 3年 8月 心臓血管外科開設
10月 外科開設1周年・心臓血管外科開設記念レセプション
1992年 4年 8月 病院夏まつり実施
9月 ミュージカル「白衣のポケット」上演(市民会館満席)
1993年 5年 10月 第8回健康まつり
12月 塩尻協立診療所開設
1994年 6年 6月 救急告示病院指定
7月 松本協立在宅介護支援センター開設
8月 第9回健康まつり
1995年 7年 5月 松本協立訪問看護ステーション開設
8月 第10回健康まつり
10月 協会創立20岡年記念行事「菅原洋一コンサート」上溝(県民文化会館大ホール満席)
1996年 8年 5月 177床に増床
6月 診療科目の増科(循環器科、心臓血管外科
7月 松本協立病院20年のあゆみ「青い雲」(協会20年史)発刊
10月 第11回健康まつリ
1998年 10年 10月 松本広域圏二次救急医療指定施設認定
11月 第7期増改策工事新館南棟竣工
11月 循環器シネ装置導入
1999年 11年 4月 第7期増画築工事竣工ベット数177床のままで、大部屋を4床室など全面的なリニューアル工事完了
4月 老人保健施設あずみの里100床開設(協立福祉会)
11月 山形協立診療所新築移転
2000年 12年 4月 塩尻協立病院開設100床(同診療所廃止)
10月 第1回健康福祉まつり
12月 オーダリングシステム稼働
2001年 13年 7月 電子カルテシステム稼働
11月 第2回健康福祉まつり
2002年 14年 3月 外来拡幅工事完了
5月 特別養護老人ホームあずみの里開設(協立福祉会)
8月 女性外来開設
9月 マンモグラフィー装置導入
10月 第3回健康福祉まつり
2003年 15年 1月 松本協立循環器センター開設
4月 臨床研修病院(協力型)指定
6月 病床種別の変更届(全床一般)にて許可
7月 松本協立睡眠センター開設(4検査室)
8月 松本協立病院倫理委員会活動開始
11月 画像サーバー導入
2004年 16年 2月 MRI導入
4月 松本協立病院歯科センター開設
5月 第4回健康福祉まつり(やまびこドーム約5,000人)
2005年 17年 1月 日本医療機能評価機構認定
9月 松本協立病院夏まつり
11月 増科(呼吸器科)
2006年 18年 4月 栄養サポートチーム(NST)活動開始
5月 透析センター拡充(40床)
6月 コージェネ導入
9月 入院基本料7対1看護基準取得
10月 松本協立病院健康まつり
12月 ケアハウス、住宅型有科老人ホーム開所(協立福祉会)
2007年 19年 4月 地震対策防災マニュアル制定
7月 中越沖地震支援
10月 松本協立病院健康まつり
2008年 20年 4月 政府管掌健康保険生活習慣病予防健診受託医療機関
4月 特定健診・特定保健指導実施機関
4月 石綿業務関連健康手帳所持者に対する健康診断受託医療機関
6月 DPC準備病院
8月 院内デイルーム運用開始
9月 松本協立病院健康まつり
10月 長野県温暖化対策病院協議会加入
12月 新カテ室稼動
12月 64列CT導入
2009年 21年 3月 医療安全対策室設置
4月 大町協立診療所開設
6月 省エネルギー診断実施
9月 電子カルテ輸血システム導入
10月 新型インフルエンザワクチン接種開始
2010年 22年 3月 民医連中信地域連絡会 第5回学術運動交流集会
ハローワーク松本 門前健康相談開始
4月 日本医療機能評価機構更新認定
標榜科増科 消化器内科、放射線科
標榜科名称変更 循環器科→循環器内科、呼吸器科→呼吸器内科
DPC請求開始
6月 民医連中信地域連絡会 第4次長期計画策定
7月 183床に増床
画像診断加算Ⅱ算定開始
8月 基幹型臨床研修指定病院認定
9月 松本協立病院健康祭り
院内ICUをHCU(ハイケアユニット)に変更し届け出
12月 地域がん登録、院内がん登録開始
2011年 23年 3月 3.11東日本大震災後医療支援 5回にわたり計21名の職員を派遣
7月 無料低額診療事業開始
9月 松本協立病院健康祭り
2012年 24年 4月 感染防止対策加算算定開始 ICT設置
2013年 25年 3月 199床に増床
4月 社会医療法人中信勤労者医療協会設立
2014年 26年 6月 地域包括ケア病床(8床)届出
7月 中信民医連40周年記念式典
12月 病院機能評価更新認定(3rdG:ver1.0)
2018年 30年 5月 リニューアルグランドオープン